ネムリス 効果 口コミ

MENU

睡眠不足はお肌に影響あるの?

睡眠不足になるとお肌が荒れてきます。これにはきちんと理由があり、寝ている時に分泌される成長ホルモンが関係しています。

 

質の良い睡眠が取れている時には成長ホルモンがたくさん分泌されるのですが、この成長ホルモンは子供の成長に役立つだけでなく細胞の修復を行ったり爪や髪の毛を伸ばす働きがあります。

 

美肌対策ではこの細胞の修復が重要なポイントであり、成長ホルモンの働きを高めることで肌細胞の生まれ変わりを促進させることができます。

 

つまり、ターンオーバーが活性化されるということですので、古い細胞はどんどん排出されて瑞々しい細胞が増えることになります。

 

ですから、睡眠不足にならないように、日頃から生活のリズムをきちんと整えておくことが大切です。

 

睡眠を見直す時、もちろん最低限の時間を確保することはとても重要なのですが、質の面も大事です。

 

質の悪い睡眠の場合、いくら長時間寝ても成長ホルモンの分泌量は増えませんので、快眠が得られるように環境を整えることが大切です。

 

最近では快眠グッズもたくさん売られていますので、それらを活用するのも良いのですが、活用しない場合でも寝る前にリラックスした状態を作ったり部屋を暗くしたりとできることはたくさんあります。

 

寝る頃に自然と副交感神経が優位な状態を作ることも有効ですので、日中の間に日差しを浴びたりアクティブに活動したりして交感神経を活発に働かせておくことも効果的な対策となります。