ネムリス 効果 口コミ

MENU

セロトニンと睡眠の影響と関係性について!

セロトニンとは、生体内で産生され血管の緊張を調節する物質で、生体リズム、神経内分泌、睡眠、体温調節などに関与すると考えられています。

 

その為、セロトニンと睡眠には深い関係があり、23時に入眠することによって活性化し、日の出と共に起きることで25時間の生体リズムをリセットする効果があると言われています。

 

そして、朝の日の光を浴びて、生体リズムをリセットできればその日の夜は睡眠へ誘われやすくなるのです。

 

セロトニン自身は、脳内ではドーパミンやアドレナリンと言った興奮を促進させる分泌物を抑制、コントロールします。

 

その為、睡眠関係性セロトニンを増やす為には、太陽の光を浴びること、ウォーキングのような単調な動きを増やすこと、肉類、大豆、牛乳、バナナなどトリプトファンの多い食物を積極的に摂取すること、ものをよく噛んで食べること、音読することなどが必要です。

 

これによってセロトニンの分泌が増えれば、メラトニンという睡眠ホルモンに分解され、メラトニンの分泌量が多くなれば、一晩中でも目覚めることなく睡眠が持続できるようになります。
高齢になって、夜中に眼が覚めやすくなるのは、このメラトニンの分泌量が少なくなっているからです。

 

つまり、メラトニンの分泌量を増やすと言う事は健康増進だけでなく、アンチエイジングの一環として、大きな助けとなっているとも考えられ、その為に睡眠を多く取れれば肌のツヤも良くなるとも言われるのです。