ネムリス 効果 口コミ

MENU

自宅でもできる睡眠障害の治療法や改善方法について!

お布団に入ってもなかなか寝付けない、という人は生活習慣を見直すことで、睡眠障害が改善することがあります。

 

次のことをチェックしてみましょう。

 

1つ目は、お布団に入る寸前までスマートフォンを見ていたり、部屋の明かりが灯っていませんか。

 

または、就寝の直前までパソコンで作業をしているのではないですか?というチェックです。

 

このような生活習慣があると、寝る直前まで脳は光を感じています。

 

脳にとって光は交感神経を刺激するので、眠る時にはたらく副交感神経のスイッチが入らない状態を作ってしまいます。

 

できれば眠る1時くらい前から、自宅の部屋の電気はフットライトや間接的な明かりにして、中央の照明は消すようにしましょう。

 

そしてスマートフォンやパソコンも、就寝の1時間くらい前には、終わりにしましょう。

 

2つ目は、眠たくなってからお布団に入っていますか?というチェックです。

 

まだ眠たくないのにお布団に入ると、「眠れない」ということを必要以上に感じてしまいます。

 

眠れないことがストレスとなって、交感神経が高ぶって余計に眠れなくなる、という悪循環に陥ってしまいます。

 

お布団に入るのは、眠たくなってからでOKです。

 

睡眠障害の治療法では寝る時間を一定にするよりも、起きる時間一定にすることが勧められています。

 

眠れなかったのにいつもの時間に起きるのはつらいかもしれませんが、その代わりその日はぐっすりと眠れる可能性が大になります。

 

3つ目は、夕方にカフェイン飲料を飲んでいませんか、です。

 

コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は、眠る4〜5時間前までにするのが理想的です。

 

これらの生活習慣の改善が、最初にやってみるべき治療法です。

 

 

 

 

 

 

"